風光社の強み

65年の歴史

1951年⼤阪市南区鰻⾕で個⼈創業に始まった私たち⾵光社グループの前⾝は、1955年「表情豊かなコミュニケーションの想像を」を合⾔葉に株式会社⾵光社として法⼈設⽴しました。それから今⽇に⾄るまで⼤阪はじめ関⻄圏において交通広告・屋外広告専⾨の広告代理店として歩み続けています。時代とともに培ってきたその専⾨性と1つずつ積み重ねてきた実績は私たちの誇りです。企業理念「広告を通じて、得意先の発展に貢献しよう」は先達がかかげた社是よりの引⽤です。私たちはこれからも⽣活者へより良いメッセージをお届けします。

メディアネットワーク

電車やバスなどの公共交通機関に掲出される広告を扱うには媒体社(電鉄会社)と代理店契約を結ぶ必要があります。
私たち風光社グループはJR東日本をはじめ、全国の交通広告を取り扱うことが可能です。お客様が掲出を希望される駅などの情報はもとより、媒体社から発信される最新の媒体情報をいち早くお届けすることができ安心してお申込みいただけます。

ワンストップサービス

一つの店で全ての買い物を済ませてしまう購入形態を、ワンストップショッピングと呼ばれています。なかでもワンストップサービスとは、顧客の購買行動が滞ることなく購入までスムーズに流れるサービスのあり方を指します。風光社グループにおいても同様に、デザイン、企画、提案、販売だけでなく実物製作、掲出、アフターケアまでを自社グループで一貫してご提供できます。

オリジナル媒体開発

⾵光社グループは⽣活者の安⼼・安全・便利、地域の活性化などを開発の基本コンセプトとして新しく媒体を開発する活動を⾏っています。初代のオリジナル媒体は、駅改札に設けられた集札函(切符を回収する箱)に広告を⼀体化されたものと記録に残っています。この⾃社媒体開発のDNAは創業当時から受け継がれています。

クリニック開業支援
200件以上の実績

駅看板から始まった医療系スポンサー様とのお取引が200件以上。
現在では駅看板だけでなく、クリニック開業時のロゴマーク作成からサイン製作、印刷物製作と多岐にわたりクリニックのブランディング、トータルプロデュースの一端を開業支援として専門チームでお手伝いしています。